アサイー完全ガイド〜美白・美肌目的にハマる人続出中♪

アサイ―は日本では冷凍・粉末しか手に入らない

アサイーは豊富なビタミンやミネラルを含むスーパーフルーツとして世界中の健康&美容マニアから注目されていますが、 非常に劣化するスピードが早く、輸入しようにも生の状態を保つことはほとんどできません。

そのため生の果実は地元周辺でしか今も口にすることはできません。

日本で入手できるものは種を取り除いてピューレ状にした冷凍品か粉末タイプのアサイーに限られます。 現在では加工技術が進んで本来の味覚に近いものを提供できるようになってはいますが、やはり加工されている分、味や風味、栄養価などは多少落ちるといいます。

また、ブラジルと日本はちょうど地理的に一番遠い場所ですから輸送費がかかるせいかアサイーの値段も高くなりがちなのも日本で食べるアサイーのデメリットではあります。

アサイ―は甘味も酸味もなく、工夫が必要

見た目はブルーベリーに似ていて美味しそうなイメージがあるアサイーですが、実際は味が薄くて甘みも酸味もほとんどない淡泊な味で、ようするに美味しくありません。

なので、アサイードリンクをはじめて飲む人はびっくりすると思います。

ただし、このデメリットは少しの工夫で解決することができます。クセがないということは他の食材と混ぜても違和感がないということですので、 好みのフルーツと一緒にミキサーにかけるだけで美味しくなるということだからです。

アサイースムージーだったり、アサイ―ボウルが美味しいという話を聞くと思いますが、アサイー自体が美味しいわけではないということは覚えておいたほうがいいです。 アサイーの味には期待しないほうがいいです。

アサイ―はカロリーが高め。飲みすぎ&食べ過ぎに注意

単純にアサイーのエッセンスだけを摂取したいのならサプリメントがあります。

アサイーはカロリーが高いです。

毎朝のスムージーに混ぜて飲んでいる人もいますが、パンやごはんに加えてスムージーも飲んでいるとカロリーが高くなっているケースがあるので要注意です。 ダイエットにアサイーが向かないという人がいるのもこのカロリーの高さがあるからです。

アサイー自体に糖質や脂質が含まれているということもありますが、味が美味しくないため他のフルーツを混ぜたり、豆乳を入れたり、 ハチミツやガムシロップを入れたりと色々とアレンジする過程で、どんどんカロリーが増えていくというのが実は問題です。

お店で食べたアサイーボウルが美味しくて通っているうちに太ってしまうということはよくある話です。 飲みすぎや食べ過ぎには十分注意するようにしてくださいね。

「アサイーを食べてみよう!」のその他メニュー