アサイー完全ガイド〜美白・美肌目的にハマる人続出中♪

アサイーがスーパーフルーツといわれる理由は?

今、健康志向の高い人達の間でスーパーフルーツといわれる活性酸素を除去する作用の強いフルーツが人気ですが、なかでも一番人気なのがアサイーです。

アサイーは、ブラジル原産の直径1pほどの濃紫色の果実がブルーベリーによく似ている食べ物で、アサイーベリーといわれることもありますが、ベリー類とは全く別のヤシ科の果物になります。

もともと原産地のブラジルでは街のあちこちにアサイーを販売するジュースやアイスを販売するスタンドがあり、広く親しまれていたわけですが、 スーパーフルーツとしてが注目されるきっかけになったのはサプリ大国のアメリカでアサイーの強力な抗酸化力と栄養価の高さが評価されたから。

抗酸化力については別ページで詳しく紹介しますが、あらゆる野菜や果物と比べてもアサイーの抗酸化力はトップクラスであり、ビタミンやミネラルといった栄養成分も豊富です。

美容や健康面をサポートする栄養素がこれでもかというぐらい豊富に含まれていることが、健康志向やアンチエイジングの意識が高い人達にウケたわけなんです。

アサイーにはどんな栄養素が含まれてるの?

アサイーには、ポリフェノール(アントシアニン)・カルシウム・鉄・食物繊維などの栄養成分がたっぷり含まれています。 なかでも一番の注目は活性酸素の働きを抑制する作用があるポリフェノールのアントシアニンが赤ワインの10倍から30倍も多く含まれていることでしょう。

そのほかにもビタミンCやビタミンE、ビタミンB群も含んでいるので、肌荒れや美白といったスキンケアをサポートする成分も豊富ですし、 オレイン酸などの必須脂肪酸も含まれていることからホルモンのバランスを整える働きやコレステロールの値を下げる働きもあります。

カルシウムや鉄分、食物繊維など女性には欠かせない栄養素も含まれている点にも注目です。

これまでアサイーは生の状態では保存や日持ちが非常に難しかったため原産地のブラジルでしか食べられない「幻の果実」でした。 しかし、それが近年の加工技術や冷凍技術の発達により、世界中でアサイーを食べられるようになったんですね。

日本でもアサイーの栄養価の高さに目をつけて健康や美容に活かそうという人が増えています。

アサイーの欧米での人気、日本でブレイクした理由は?

アサイーが欧米で人気があるのは欧米人に健康不安を抱えている人が多いからです。

日本食は世界でも見本とされるぐらいバランスがとれている理想の食事ですが、欧米人の食事というのは悪い見本の典型です。 健康や美容意識の高い人は常に代替となるものを探しており、そんな彼らの目に留まったのが南米アマゾン原産のスーパーフルーツ「アサイー」だったわけです。

日本の場合は、健康や美容に対する意識が高い人がアサイーを取り入れるようになったというよりは、芸能人やモデルさんが食べているからとか利用しているからという 理由で人気になってきているという感じがします。

だいたい欧米で流行ったものが数年遅れで日本でも流行るというのがトレンドなのでアサイーを扱うメーカーもそれを見越して日本国内にも進出を果たし、 実際にここ数年の間で流行に敏感な日本人女性の間でアサイーを利用する人の数が増加しているというのが現状です。

最近だと冷凍されているアサイーを牛乳や豆乳などと一緒にミキサーにかけてスムージー状にしたものの上に バナナやシリアルを乗せたアサイーボウルがテレビで紹介された影響もあって人気がありますよね。

「アサイーと抗酸化について」のその他メニュー